書き直しましょう

転職すると決めた先が異業種である場合、転職先が中々みつからないことがあるでしょう。

貴方が転職願望者であり、もし若いのだったら転職を考えるまで見たことも聞いたこともなかったような業界でも入れるというパターンも考えられますが、30代後半にもなるとほぼ不可能と言っていいでしょう。
ですが、求人募集が常に堪えないような業種に飛び込んでいけば労働条件という概念は放棄することになりますがどうにか仕事を変えられる可能性があります。

時期的に転職に適するといわれるのは、3月や9月頃は求人を出す会社が増えます。

2年以上同じ職場で働いていれば、それほど長くは働いてくれないと判断されません。
働きたい種類の職種が決まっているなら、求人情報はいつも確認する事を心がけて、願望職種を見つけたら応募するといいです。

募集の条件が、欠員が出た場合のみの職場は、タイミングを外さない事が難しいです。

お仕事捜しを始める場合、あなたの職歴を誰が読んでも分かるように書かなくてはなりません。

今までご自身がされてきたお仕事の内容を伝えられれば、どのように職場で強みを発揮できるのか、採用する側もイメージすることが可能です。
また、意外と気にされない方が多いのが履歴書の写真ですが、少し手間はかかりますが、きちんとし立ところで、撮ってもらいましょう。

万が一、記入している途中で間ちがえてしまったら、訂正するのではなく、もう一度書き直しましょう。

こうすれば一番だと思われる転職の仕方は、今の仕事はつづけながら転職先を捜し、決定したら、そこで初めて辞表を提出する、ということです。
http://www.yuyuweb.jp

職を辞めてしまってから転職先を探沿うとすると、次の就職(一般的には、正社員として職業を得ることをいいます)先が見つけられない場合、次第に焦りが出てきます。