看護師が転職をする理由について

日本では戦後長らく終身雇用制度や年功序列といった労働慣行が根付いて来ました。

そのため、新卒で就職した企業に定年まで勤め続けるといった働き方が一般的で、多くの人たちがそのようにしていました。

業績の極端な悪化でリストラに遭うケースや自分から辞めるケースなど特殊な事情がない限り定年まで雇ってもらえて、勤続年数に応じて基本給が上がるという仕組みであることから、転職をすると不利になってしまうためです。

しかし、看護師に関しては事情が異なります。

一般的なサラリーマンは入社間もないころは、給料が安く、中高年になるとかなり高くなります。

これに対して看護師は20代のうちからある程度高い給料をもらうことができて、中高年になってもあまり変化がありません。

そういった理由から、同一の職場で長く働くメリットがサラリーマンと比べて小さいのです。

また、サラリーマンの場合には中高年になってからの転職は厳しいものがあります。

求人の募集に応募してもなかなか採用されないケースが多いです。

そのため、職場で人間関係の悩みなどを抱えていても、転職せずに我慢する人が多い傾向にあります。

これに対して、看護師の場合には、比較的簡単に転職できるという事情があります。

そのため職場の環境が合わないなどの理由がある場合には転職する人が多いです。

また看護師は女性が多いため、結婚や出産を理由にに一度離職し、子どもがある程度育ってから、看護師求人ランキングで再び働き始めるという例も多いです。